cập nhật thông tin liên tục--đang nạp tư liệu

Thứ Bảy, ngày 19 tháng 11 năm 2011

外交攻勢の米、巻き返し図る中国 【サミット前会談】

外交攻勢の米、巻き返し図る中国 

【サミット前会談】

 【ヌサドゥア共同=大熊雄一郎】オバマ米大統領と中国の温家宝おん・かほう首相が東アジアサミット直前に会談の場を設けたのは、環太平洋連携協定(TPP)の推進や南シナ海問題への関与などで外交攻勢を強める米国に対し、焦りと反発を強める中国側が、自らの立場を説明し、巻き返しを図る狙いがある。
 アジア太平洋地域で経済や軍事的な影響力拡大を目指し、南シナ海問題などでも中国へのけん制を強める米国に対し、中国内では強硬論が高まってい る。18日付の国営通信新華社は「米国は中国に説教する前に自分が国際ルールを尊重すべきだ」と題する評論記事を掲載、不快感を鮮明にした。
 中国が毅然きぜんとした姿勢を示さなければ、胡錦濤こ・きんとう指導部への弱腰批判にもつながりかねず、温首相はオバマ氏に対し、こうした問題への発言を控えるよう求め、加速する米国の介入の食い止めを図ったとみられる。
一方、中国は世界最大の米国債保有国で、両国の経済的な依存関係は深まっている。また、米国が安全保障面で存在感を高めようとするほど、中国が軍事力増強に向かう可能性が高い。両者は対話を通じて緊張関係の一層のエスカレートにブレーキをかけたい考えだ。

 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201111190176.html

ブルームバーグ - 中日新聞 - FNN - 中国国際放送 関連記事 152 件

Không có nhận xét nào:

Đăng nhận xét