cập nhật thông tin liên tục--đang nạp tư liệu

Thứ Tư, ngày 02 tháng 11 năm 2011

日越首脳会談:脱原発依存「首相、修正」の見方も ベトナム輸出継続、国際信用を重視

日越首脳会談:脱原発依存「首相、修正」の見方も ベトナム輸出継続、国際信用を重視
 

野田佳彦首相は31日、ベトナムのズン首相との会談で、原発のベトナムへの輸出を継続する考えを示した。これに先立つ英紙フィナンシャル・タイム ズのインタビューでは、国内の原発について「再稼働できるものがそれなりの数になってくればいい」とも発言。これまで「脱原発依存」を明言してきた野田首 相だが、軌道修正しつつあるのではないかとの見方が出ている。

 東京電力福島第1原発事故を受け、政府は原発の海外輸出を巡る各国との交渉を一時中断したが、8月に「(交渉中の案件は)国家間の信頼を損なうこ とのないよう留意して進める」との答弁書を閣議決定。ベトナムとの最終交渉も9月から再開した。すでに日本企業が受注した案件を継続しなければ、国際的な 信用を損ないかねないとの判断からだ。
 首相は原発輸出について「新たに次々と違う国と(原子力)協定の交渉をするとか、原発の輸出をするという議論は違う」と語り、新規輸出には慎重な姿勢を崩してはいない。枝野幸男経済産業相も新規輸出は「もう少し時間をかけて考えたい」と述べている。
 だが、玄葉光一郎外相とインドのクリシュナ外相との29日の会談では、原発輸出に必要な原子力協定の締結交渉を進めることで一致した。一見慎重な首相の発言とは裏腹に、原発の新規輸出を検討しているとも受け止められる会談だった。
 民主党政権はもともと、原発輸出を積極的に進めてきた。昨年6月にまとめた「新成長戦略」の柱に、原発など「パッケージ型インフラ」の海外輸出を 据え、昨年9月にヨルダン、12月に韓国、今年1月にベトナムと相次いで原子力協定に署名。自民党政権時代に署名したロシアとの協定を含め、4件が国会で 承認待ちとなっている。
 通常国会では事故の影響などで採決が見送られたが、開会中の臨時国会では成立する可能性がある。輸出に前向きな野田政権の姿勢が、国内の原発政策の修正に影響を及ぼさないとは限らない。【坂口裕彦、横田愛】
==============
 日本の原子力協定の締結状況
 ◆発効済み
 米国、英国、カナダ、豪州、中国、フランス、カザフスタン、欧州原子力共同体
 ◆政府間署名済み・国会承認待ち
 ロシア、ヨルダン、韓国、ベトナム
 ◆締結交渉中
 インド、南アフリカ、トルコ、ブラジル、アラブ首長国連邦
毎日新聞 2011111日 東京朝刊

đọc thêm:

J-CASTニュース - ‎2 時間前

野田佳彦首相は、日本を訪れているベトナムのズン首相を20111031日夜、首相官邸に招いて会談し、日本の原子力発電所のベトナムへの輸出について、東京電力福島第一原子力発電所の事故の前に合意した両国の決定に基づいて、引き続き進めていくことを確認した。 ...
J-CASTニュース - ‎2 時間前
野田佳彦首相は、日本を訪れているベトナムのズン首相を20111031日夜、首相官邸に招いて会談し、日本の原子力発電所のベトナムへの輸出について、東京電力福島第一原子力発電所の事故の前に合意した両国の決定に基づいて、引き続き進めていくことを確認した。 ...

Không có nhận xét nào:

Đăng nhận xét